技術開発本部
生産技術センター 生産技術G
M.Yさん

機械や図面だけじゃない!多くのメンバーと向き合い、
一大プロジェクトを進めるやりがいが、ここにはある。

M.Yさん
技術開発本部 生産技術センター 生産技術G
 2016年入社

子どもの頃からプラモデルづくりが好きで、学生時代はモノづくりができる仕事に就きたいと電気系の学びを深めたM.Y。入社後は「モノをつくる場」である工場の仕組みづくりに携わる。「生産技術部門のエンジニアは、とにかくコミュニケーションが大切」と力説する。その真意と、これからのビジョンとは。

業界が変われば、工場の中身も変わる。
要求に対応していくことが面白い。

機械を相手に仕事をするのがエンジニアだとイメージしている学生は、多いかもしれません。でも、その機械をつくる現場を整備する。それも、エンジニアの大切な仕事です。僕が所属する生産技術センターでは、工場内に導入した設備に対し設計通りの性能が出ているかを検証したり、トラブルが発生した際に、それを解決するための技術的な提案をしています。

入社して1年半が経ちましたが、これまでに電子系の製品を量産するための生産ラインと、食品の生産ラインの立ち上げに関わることができました。業界が変われば、求められることが180度変わることも。例えば、電子系の製品の場合、決まった仕様のものを一定の品質で生産できれば問題ありませんが、機能性食品を加工するための生産ラインでは季節によってラインに流す素材が異なったり暑い日、寒い日で温度調整をこまめにする必要があるなど注意するポイントが異なります。これらの「違い」を知るたび、新しい知見が増えていくことがとても楽しいです。

自分の考えを伝えるスキルを上げて、
多くのメンバーから信頼される存在に成長したい。

今、課題に感じていることは、プロジェクトに関わる多くのメンバーとのコミュニケーションをもっと円滑に行うこと。生産技術センターでは、自社の営業や製造現場、製品の納入先など様々な担当者とコミュニケーションをとりながら設備導入を進めていくことが求められます。1日に何十件も電話がかかってくるのは当たり前。その度に的確に情報共有しなければなりません。以前、上司に「自分の意見を交えずに生の情報を正確に伝えること。その上で自分はどう考えているか伝える。その2段階でコミュニケーションをとるとうまくいく」と、助言いただいたことがありました。僕の発した情報により誤解を招き、納入先へ迷惑をかけてしまうことがないように、毎日の打ち合わせや電話対応で意識しながら改善していこうと思っています。

自分ひとりの動きが、プロジェクトチーム全体に影響する。その責任感を胸に、最近ではより専門性を高めようと図面の作成力を高める社内研修に臨んだり、現場で課題となっていることを肌で感じようと、足しげく通って作業者の動きなどを注意深く観察しています。「モノ」だけ見ていてはだめで、あらゆるアプローチで工場内を見て、円滑に動かすことに貢献したいと考えています。

キャリアステップ

大学院では電気系の研究を行ってきました。入社後は電気系の製品製造、機能性食品の製造という、主に2つの生産ラインの立ち上げに携わってきました。学生時代から、発見した現象に対し、「何が起こっているのか」を筋道を立てて考察する研究プロセスを踏んできたため、工場内の課題に対して向き合う時にも生かしています。

ビジネスチャレンジ

目下の目標は、今取り組んでいる食品製造プロジェクトで、1日も早く生産ラインを整えて量産化を実現すること。そのために、地道な試験・検証を繰り返し、また、設備の使用条件を計算によって割り出すなどエンジニアとしての本領を発揮していきたいと思います。

ライフチャレンジ

学生時代から社会奉仕団体に所属しています。地域の清掃活動などのボランティア活動をしたり、法律や社会制度について学ぶ勉強会に参加したりする中で、自分の知らない世界を知り、また、自分と立場や考え方の違う人と関わりながら行動する力が身についたと思います。プライベートでもさまざまな人との交流を意識的に増やしていくことで、仕事に還元できればと思っています。

イビデンの仲間について

技術開発本部
生産技術センター UTYG

H.Mさん

経営企画本部
秘書G

Y.Tさん

経営企画本部
経営企画部 経営管理G

T.Kさん

電子事業本部
技術部 プロセス技術1G

M.Tさん

  1. イビデン株式会社新卒採用サイト
  2. イビデンで働く
  3. イビデンで働く仲間
  4. 技術開発本部 生産技術センター 生産技術G M.Yさん