両立支援の取組み

両立支援の取組み

イビデングループでは、2010年度から働きがいのある企業の実現に向けて、多様性を尊重した職場環境づくりを強化してきました。その活動の一環として、女性の活躍を推進する積極的な取組みを行っています。

経営者のイクボス宣言

女性をはじめとした多様な人財が、仕事と生活を両立し、働きがいのある充実した職業生活を送るための方針として、当社社長と専務がイクボス宣言を表明しました。

全社員一人ひとりが、仕事と家庭生活を両立させ、やりがいや充実感をもちながら、イキイキと活躍できる職場環境を実現します!
(代表取締役社長 青木武志)

「働き方改革」に本気で取組み、明るく元気な会社にします!
(専務執行役員 生田斉彦)

活動の3つの柱

1.企業風土の醸成

会社内全体の意識改革をするためにイベント・啓発研修や、社内報による活動の周知を行っています。
働き方の多様性を受け入れ、働きやすい職場環境を創ります。

2.キャリア育成・登用

意欲のある女性の能力を更に伸ばすことができるような教育プログラムの導入や女性社員の目標となるようなロールモデルの育成・紹介を行っていきます。

3.両立支援

男女ともに子育てをしながら働くことができるよう、育児休業や短時間勤務など、家庭との両立をサポートする支援制度を導入しています。
社員のニーズに沿った制度の制定のみでなく、職場も巻き込んだ丁寧な面談制度を導入し、対象者が元気に復職できる体制を整えています。

ワークライフバランスの取り組み

当社では、企業の社会的責任としての次の世代を担う子供たちが健やかに育つ環境を整備するため、仕事と子育ての両立をサポートするなど、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)への取り組みを積極的に進めています。
2014年以降、女性社員の育児休業取得率は、100%を継続中です。
また、配偶者が出産時に特別休暇を取得した男性社員は、2014年以降170名、延べ日数で306日です。
男性の育児休業取得者も増えてきており、男女ともに仕事と家庭の両立できる職場環境の実現を目指しています。

※当社は、2012年に子育てサポート企業の認定である「くるみん」を取得しています!
※また優良な取組みや他社の模範となる独自の取組みを行う企業として「岐阜県ワーク・ライフ・バランス・エクセレント企業」に認定されています。
 当社の取組み活動の事例を紹介しています。

https://hagukuminowa.jp/excellent/

働く社員をバックアップする制度

充実した休業制度

  • 育児休業制度の導入
    2歳まで延長取得が可能です
  • 休業前・復職前の上司・人事による面談
    復職後は職場ぐるみでサポートします
  • 復職後の保健師による面談
    体調の変化や育児での不安も相談できます

両立可能な環境づくり

  • 子の看護休暇
    半日単位で柔軟な取得が可能です。
  • 短時間勤務制度
    小学校入学まで取得が可能です(法定以上)
  • 所定外労働の免除
    小学校入学まで取得が可能です(法定以上)

海外出向帯同者再雇用制度

イビデングループを含む正社員の、海外出向に伴う帯同のために退職した場合、希望者に対し帰任時の再雇用の機会を提供しています。