働く社員のインタビュー

機械工学の知識を活かし世界のトップメーカーと渡り合う

K.Nさんプロフィール

入社年:2012年
専攻名:機械システム工学
部 署:セラミック事業本部 ECP事業部 技術部

取引先はグローバル企業
世界を相手に自分の力が試せます

DPFと呼ばれるディーゼル自動車から排出される黒煙を捕集するフィルターの生産に携わっています。主な業務は商品設計ですが、試作、試験、製品化など全般的に関わることが多いですね。お客様は世界の自動車メーカー。

各社から「こんな仕様の製品が欲しい」といった個別の要望が出されるので、それに応じた製品を作っています。

材力、流力、熱力、伝熱、化学...
学生時代に学んだ専門知識が
活かせます

周りには学生時代に化学を専攻していた人が多くいます。機械専攻の私がやっていけるのかと、入社当初は不安感がありましたが、材力、流力、熱力、伝熱、化学など機械専攻で学んだ知識を直接活かせています。

学生時代に「機械専攻は幅広いところで必ず必要になる」ということを教授などからよく聞かされていましたが、身をもって体感しているところです。

飲み会や趣味の遊びで社員間交流
部署間のつながりが深まります

仕事終わりに社員同士で飲みに行ったり、休日は釣りなどのレジャーにみんなで出掛けたり...。部署の垣根を越え社員同士の交流をさらに深めてもらいたいという思いで、さまざまなことを企画しています。

こうした取り組みを通じて、違う部署の人とのつながりができ、仕事を依頼しやすくなりました。

機械専攻のあなたへ
新しい製品や技術作りを後押しします

お客様の声を取り入れて作った製品が、想定通りの性能を発揮し、喜んでもらえた時が、「この仕事をやってよかった」と思える瞬間です。

今後の目標は、世に出ていない製品や技術を何かひとつ作り出すこと。私の技術者としてのプライドです。いいアイデアや提案に対して積極的に投資をしてくれるのが、イビデンのいいところ。

何かを成し遂げたいという気持ちのある人には向いている会社だと思います。